2015年03月20日

インターンシップを終えて

DSCN2501.JPG
インターンシップを終えて:

2015年のMLBアスレティックトレーナー・インターンシップへ参加された7名のインターンの皆様、本当にお疲れ様でした。勇気を持ってこのプログラムへ参加していただいた事、大変感謝しております。

今年は2地域4チームを1週間交代で配属すること、パートナーも1週間交代など初の試みが多く、参加者の皆様に助けられた研修となりました。

この2週間だけでも覚えきれない程のメジャーリーグの経験と技術を体感することができたと思います。期間中様々な出来事が起きましたがそれを体験し、プロフェッショナルの目線から厳しい指摘を受けられるのもメジャーの世界でのインターンシップという研修ならではの事。
また学ぶだけでなくメジャーリーガーを支えるスタッフの情熱と体力には尊敬を超えて驚かされたことと思います。

2週間を集中力を切らさずに学び続けた努力は、受け入れ側であるPBATSのトレーナーからも高い評価をいただいておりますので、自信を持ちこの経験を自身の将来へ向けて進むパワーへと繋けてください。


1995年から始まり20年、ついに104人まで数えるまでに継続してきたJBATSインターンシップもようやく一区切りついたのではと感じております。

1995年当時は日本人がトレーナーとして在籍するなど想像もできませんでしたが、現在ではほとんどのチームに日本人のアスレティックトレーナーやセラピスト、また様々なポジションで日本の方が所属し活躍されております。

PBATSでもこの20年の間にインターンシップのシステムを国内向けに構築してきており、春・夏の活動に向けて全米の学生へ申し込みのチャンスが与えられています。

国際的な活動としてはJBATSインターンシップが先駆けとなり、近年では中南米、ヨーロッパからもインターンの受け入れを開始しております。

規模の拡大とともにこのプログラムもいずれは日本のプロ野球トレーナーの統括団体であるJPBATSのもとへ運営を委ねる日がくるものと楽しみにしております。


今日までの継続へご協力いただいた方々にはこの場を借りて感謝申し上げます。
直接的なメリットが無くても、次世代へつなぐというコンセプトにご賛同いただき、様々な形で継続に対して尽力していただいた事を今後も次世代の若手トレーナー達へ伝えて参ります。

今後の派遣に関してはPBATS側とも相談しながら考えたいと思います。
インターンシップへのご意見、ご興味のある方はご連絡いただければ幸いです。

JBATSインターンを経験された皆様の今後のご活躍を楽しみにしております。
事務局より
DSCN2616.JPG
posted by JBATS事務局 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

研修終了

研修終了です!

2週間早起きして、立ち尽くしの活動でしたが、
この仲間と出会えたことに感謝。

参加費はもちろんですが、学校や仕事の調整への苦労など大変だと思います。
このプログラムに参加した勇気に感謝。

そして最後までやり遂げたインターンに感謝。

1995年から始まり20年目、104人のインターンを送り出したこのプロジェクトも2015年の任務は無事終了。

明日にはそれぞれの留学先など日々の生活へ戻ります。
この2週間でメジャーで働くトレーナー達のタフさ、優秀さと野球への愛情が身に染みて感じられたと思います。
これを忘れずに次にトレーナー達に会う時には成長した姿をぜひ見せられるようにしてください!
DSCN2622.JPG
posted by JBATS事務局 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

3/14 最終日 

14日目、ついに2週間2チームにわたるインターンシップも本日で終了、夢の時間が終わります。
疲労のピークを迎えていた昨日の朝より爽やかな笑顔のインターン達。 
レンジャーズではだいぶ認識されてきたロバーツ氏のヨガセッションが行われ、視察に来ていた大木さんも急遽参加。
DSCN2628.JPG
可動性だけでなく、安定性や集中力も同時に必要とされるので野球選手には有効な手段と再確認。
ロバーツ氏はこの後、オークランド・アスレティクスの指導もあり慌てて球場を後にしました。

本日はレンジャーズがピオリアに来てパドレスとの試合。
小林さん、秋吉さんは先週互いのチームにてお世話になっているので少し複雑な感じです。
午後の試合前に練習球場にて練習試合、先週までパドレス配属の小林さんが見えます。
DSC05198.JPG
隣に見える白髪のリード氏も長年JBATSインターンシップに尽力していただいております。

試合後装備品の回収に向かう鈴木さんと秋吉さん。これも今日で最後。
DSCN2637.JPG

パドレスでは最後の日ということもあり指導にも熱が入ります。
上肢へのPNFパターン運動を指導するヨーン氏。PNFで著名なボブ・ムーア氏から直接指導を受けられたそうでとても細かな指導を私たちにもしていただけました。しかし覚えきれません!!
DSCN2639.JPG

いつも朝のミーティングにも参加しチームの一員という認識を持ちました。
DSCN2642.JPG

業務終了後はトレーナー陣とパチリ。
達成感と寂しい気持ちとが入り混じります。
DSCN2641.JPG

田中さんはロイヤルズスタッフと。規律感を保ちながらも冗談が大好きなチームです。
JBATSインターンとして1人ずつの配属でしたが、彼らの勤勉さと努力する姿勢に感心しておりました。
Tanaka KC.jpg

全員での打ち上げにはベノワ選手も参加、楽しい会となりました。

これにて2週間の研修期間も終わりです。試合が始まるまでは時間の流れが長く感じましたが、2週目になると突然日にちが過ぎるのが速くなり、気が付けば明日でこの仲間ともお別れです。
あとの人生でこの7人が集まれる事は無いかもしれません。眠るには惜しい気持ちで時間が過ぎます。
食事会後はホテルにて夜中3時ごろまで語り明かしたそうです、、、

明日の空港送り第1便は3:30出発ですよ!
posted by JBATS事務局 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。